ルイヴィトン財布の種類カテゴリの記事一覧

ダミエ

私のお気に入りのルイヴィトンの財布はダミエです。
もちろん、モノグラムの方がどちらかといえば、
日本ではおなじみかもしれません。

しかし、財布となると、ダミエの方がデザイン的に合うような気がします。
シンプルですが、高級感があり、いかにもルイヴィトンといった、
風格を漂わせています。

ダミエの財布は、種類もとても豊富です。
形もたくさんあって、長財布の二つ折のものや、
三つ折のもの、ふつうの折財布、

あとは、ホックの付いたものや、がま口タイプのもあります。
それに、キーホルダー付きの小銭入れなどもあります。

小銭入れは、男性はよく小銭をポケットにそのまま入れ、
じゃらじゃらいわせて、ちょっとみっともないと感じることがありますが、
ルイヴィトンの小銭入れをさりげなく持っていると
それだけで、かなり印象がよくなるのではないでしょうか。
プレゼント用としてもよいかもしれません。

ルイヴィトンの財布は確かにちょっと高めですが、
ブランド力と、それに壊れにくいことなど

長く使用できることを考えると、
逆にリーズナブルに思えてきます。

定番の財布

ルイ ヴィトンの 財布で人気があるのは、やはり、まずはモノグラムです。
モノグラムはヴィトンと誰でもわかるヴィトンの定番です。

モノグラムは日本の家紋を題材にアレンジして作られたというのは
とても有名な話です。

もうひとつルイヴィトンを代表するのはダミエでしょう。
ダミエの財布もとても人気があります。

ダミエも日本の市松模様からインスパイヤされて出来たといわれています。

あとは、マルチカラーのヴィトンの長財布もあります。
これもヴィトンの人気商品です。

それから、エピ、これはあの型押しが、ありそうでない独特な
気品を漂わせています。

もともとフランス語で麦の穂、という意味らしく
ちょっとよくわかりませんが、ルイヴィトンの中でも
あまりヴィトンぽくなくて、私は好きです。
色も豊富なので、好きな色が選べます。

メンズラインとして作られた、タイガもあります。
エレガントな上品さで、ビジネスに使える一品だそうです。

ルイヴィトンの財布はデザインも素材も、たくさん種類がありますが、
あなたのお気に入りはどれですか。