ヴィトン財布の良いところ

私だけかもしれませんが、ルイ・ヴィトンの財布を買ってから、
財布の中に入っているお金が増えました。

ルイ・ヴィトンの財布に千円札一枚はおかしいだろうと最初は思って、
無理して、数万円入れていたのですが、
最近は、常にそのくらい、私のルイ・ヴィトンの財布に
お札が入っています。

実は、このルイ・ヴィトンの財布を買ってからというもの、
無駄使いが減ったのです。

なぜか?

限られたお金のなかで、いつも数万円のお札を財布の中に入れておくには
使わない以外に方法がありません。

といったわけで、これが一番のルイ・ヴィトンの財布の効用です。
こうしているうちに、自然に無駄使いをしなくなりました。

それに伴って、私の貯金も増えてきたようです。
ですから、ある意味、私にとってルイ・ヴィトンの財布は
お金を生む、魔法の財布となりました。

ブランド物は、最初は高いですが、永く使えたり、
そのほか、あまり良いことではありませんが、
お金に困ったとき、 リセールできたり、
もちろんルイ・ヴィトンに限ったことではありませんが、

ブランド物は、考え方ひとつで、とてもリーズナブルな気がします。

ダミエ

私のお気に入りのルイヴィトンの財布はダミエです。
もちろん、モノグラムの方がどちらかといえば、
日本ではおなじみかもしれません。

しかし、財布となると、ダミエの方がデザイン的に合うような気がします。
シンプルですが、高級感があり、いかにもルイヴィトンといった、
風格を漂わせています。

ダミエの財布は、種類もとても豊富です。
形もたくさんあって、長財布の二つ折のものや、
三つ折のもの、ふつうの折財布、

あとは、ホックの付いたものや、がま口タイプのもあります。
それに、キーホルダー付きの小銭入れなどもあります。

小銭入れは、男性はよく小銭をポケットにそのまま入れ、
じゃらじゃらいわせて、ちょっとみっともないと感じることがありますが、
ルイヴィトンの小銭入れをさりげなく持っていると
それだけで、かなり印象がよくなるのではないでしょうか。
プレゼント用としてもよいかもしれません。

ルイヴィトンの財布は確かにちょっと高めですが、
ブランド力と、それに壊れにくいことなど

長く使用できることを考えると、
逆にリーズナブルに思えてきます。

定番の財布

ルイ ヴィトンの 財布で人気があるのは、やはり、まずはモノグラムです。
モノグラムはヴィトンと誰でもわかるヴィトンの定番です。

モノグラムは日本の家紋を題材にアレンジして作られたというのは
とても有名な話です。

もうひとつルイヴィトンを代表するのはダミエでしょう。
ダミエの財布もとても人気があります。

ダミエも日本の市松模様からインスパイヤされて出来たといわれています。

あとは、マルチカラーのヴィトンの長財布もあります。
これもヴィトンの人気商品です。

それから、エピ、これはあの型押しが、ありそうでない独特な
気品を漂わせています。

もともとフランス語で麦の穂、という意味らしく
ちょっとよくわかりませんが、ルイヴィトンの中でも
あまりヴィトンぽくなくて、私は好きです。
色も豊富なので、好きな色が選べます。

メンズラインとして作られた、タイガもあります。
エレガントな上品さで、ビジネスに使える一品だそうです。

ルイヴィトンの財布はデザインも素材も、たくさん種類がありますが、
あなたのお気に入りはどれですか。

オークションで買う

ルイヴィトンの財布というよりルイヴィトン自体が、日本で非常に人気があるため、
日本用の限定品とかたくさんあります。

ですから、プレミアが付いて高くなったりもします。
人気があるため、ルイヴィトンのにせものもたくさんあるようです。

あまりに安いのはにせものとすぐわかりますが、
ルイヴィトンだと思って、つまり本物だと思って買って、
あとでにせものと気が付くこともあるようです。

ネットで、ルイヴィトンを買う場合、やはり注意が必要でしょう。
オークションを見ても、本物ルイヴィトンと書いてある
ということは、にせものもあるということでしょう。

都市部に住んでいれば、直営店などがあって、
そこにいけば、間違いなく本物のルイヴィトンに会えます。

が、田舎に住んでいるとか、ネットで安く買いたいというときは
やはりよく知っている信頼のある店で買ったほうがよさそうですね。

楽天などにもよく出店しているので、
そのあたりがよいかもしれません。

ただ、オークションにも、買ってからあまり使用していない
ルイヴィトンの財布なんか出ています。
けっこう魅力的ですよね。

評価などをよくチェックして、入札してみるのもいいかもしれません。
ルイヴィトンの財布が安くで自分のものになるかもしれません。

LVMHグループ

有名ブランドのバッグや財布といって、
ルイ・ヴィトンの名をまっ先に出す人は多いでしょう。

女性にプレゼントして、とても喜ばれるのもルイ・ヴィトンが
ブランドとしての品格と品質を持っているからでしょう。

やはり、肌身はなさず持っている財布は特にこだわりたいものです。
堅牢で、使いやすくて、持っていて恥ずかしくない財布、
ルイ・ヴィトンはそんな要求をすべて満たしてくれます。

ルイ・ヴィトンは、ルイ・ヴィトンとモエ・へネシーの両社が合併して、
誕生した、LVMHグループの中核の会社で、
主にヨーロッパの、50ほどの高級ブランドを持っています。

たとえば、クリスチャン・ディオールとかジバンシー、セリーヌ
ケンゾーなど有名ファッションブランドとか、
あの有名なドンペリのモエ・エ・シャンドンやへネシーなど
シャンパンやコニャックのブランド。

その他、時計やパフュームなど、すごいブランドばかりです。

そのなかでも、ルイ・ヴィトンは日本で特に人気で、
ブランド好きの日本人の面目躍如?といったところです。

というわけで、実は私もルイ・ヴィトンの財布持っています。
このルイ・ヴィトンの財布を買う前は、10年以上使った、
ぼろ財布でした。

革製ではありましたが、穴が開いて、小銭が穴からこぼれていました。
そこで、思い切ってルイ・ヴィトンの財布を買いました。